筋肉が喜ぶPhDプロテイン
2022年5月3日

睡眠時間のカットし過ぎは美容に危険です

真面目な方々程、日常的に睡眠不足に陥りやすいです。文字通り寝る間も惜しんで、勉強や仕事に励むためです。一見すると布団でただ心身を休めるための行為に見えるのが睡眠であり、勉強熱心な方々はより効率をアップするために、寝る時間を無意識的にカットしていきます。寝る時間をカットすれば、その分だけ仕事や勉強時間が増えるため、成果がアップしやすくなります。

ただ、そこにちょっとした落とし穴があります。睡眠時間をカットしてから数日の間は良い影響が現れます。勉強時間や仕事の作業時間がより多くなりますので、成果がどんどん上がり本人も楽しい状態になります。ただ、睡眠とは元々生物の生存と健康において最も大事な行為です。

一日数分削る程度なら美容への悪影響はありませんが、毎日一時間から二時間以上、削ると肌荒れやストレスや肥満の原因を自ら作り出す事になります。また最初の一週間から二週間程は寝る時間を削った事で効率よく勉強や仕事が捗っていきますが、その反動は後で必ず大きく現れます。必ず寝不足の状態に陥り、逆に日中の間の行動力が低下したり、注意力散漫になったりします。また肌荒れや頭皮の乾燥が激しくなる、肥満になりやすい体質になる等、美容にも厳しい反動が出てきます。

真面目な方々はついつい無意識的に睡眠時間をカットしがちですが、健康と美容の事を考えた場合、一日一時間以上、無闇にカットするのは危険です。たまに徹夜する位ならまだ美容へのダメージは少ないですが、慢性的な夜更かしはやはり危険です。PhD ダイエットのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です