Skip to content

中古車を高く売るための知恵

中古車をなるべく高い値段で売却することを考えるのであれば、車の性能維持でかかせないものは、やはりオイル交換です。これがおろそかになっている車はエンジンから異音がしたり、エンジンの回転数が不安定だったりするので、メンテナンスの最大基礎としておこない整備記録を保管しておきます。中古車を購入する際に整備記録が残っていてラジエーター液の交換ベルト類の交換などの消耗品をしっかりとこまめに交換している車は購入する側からも喜ばれるので。査定評価としても高くなるのです。

そして、外装に関しては、当たり前ですが綺麗であれば綺麗であるだけよく、外装の美しさは査定金額をあげることも可能になります。その中古車の外装の美しさとはどれくらい影響するかといえば、コーティングして出品するだけでも約3.5倍から4倍の値段で取引されるようになるのです。つまり、自分自身で定期的にきれいにして、外装の状態を美しく保っておくことができれば、業者にコーティングを頼まなくても高く売れる可能性があるということになります。また、外装は新車からしっかりと管理しておけば自分の手できれいに仕上げたまま、乗り続けることができるのです。

コーティング剤は重ねて施工ができて、コーティング面の小傷などを再施工で埋められるタイプのものなどがよく、定期的なメンテナンスをおこない綺麗に保たれた車は手放すときにも良い価格になって、それまでの綺麗にした労力にこたえてくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *