Skip to content

レンタカーの様々なこと

レンタカーには様々なマナーがありますが、一番有名なのはガソリン満タンにして返さないといけないというものです。あくまで車を借りる値段であって、そこにガソリン代は含まれていません。スタート時点でガソリン満タンの状態ですから、ガソリンを使った分それをこちら側が払うのは当然と言えます。このガソリン満タンの基準は意外とバラバラなようで、Fの目盛りを少し過ぎればいいとか、給油機でガコンと鳴るまでとか様々あります。

もちろん満タンにしなくてもいいところもありますが、走行距離で請求されることがあり、結果的に満タンにしておければよかったというケースもあるようです。レンタカーの乗り捨てというのもできます。例えば東京で借りて、大阪に着き、帰りは新幹線を使い、そこに車を置いていくということもできます。その場合値段は割高になりますが、例えば引っ越しで使う場合、大量の荷物を抱えた場合など状況に応じて使いこなせばいいのです。

同じ地域内なら隣の店で返しても値段は変わりません。むしろそちらの方が便利なこともあります。レンタカー代金が安いところの場合、借りた店と全く同じ所で返さないといけないという制約もあるようです。レンタカーを運搬する代金を削ることで各安のレンタカーが提供できるということなのでしょう。

普段運転し慣れない車を運転するのは若干緊張します。しかし、慣れればとても楽しくなります。だからといって、調子に乗って飛ばしてしまうと大変な目に遭うのでほどほどにしないといけません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *