Skip to content

レンタカーを利用した場合の補償制度について知ろう

自動車ユーザーの多くは、強制保険である自動車賠償責任保険や、民間の損害保険会社の自動車保険に加入していますが、これはユーザー自身が自動車を所有していなければ加入できません。そのため、普段レンタカーを利用している人が事故に遭遇した場合は自動車保険による補償を殆ど受けられませんが、その代わりにレンタカー会社が設けている補償制度の範囲から補償を受けることができます。例えば、あるレンタカー会社では、対人補償、対物補償、車両補償、人身傷害補償の4種類の補償制度が設けられています。対人補償は死傷者1名あたりの補償額を無制限としており、対物補償についても1事故あたり無制限で補償されます。

借りた車両に損害を与えた場合に適用される車両補償については、車両の時価相当額までが補償の範囲となっています。運転者自身や同乗者が死傷した場合は人身傷害補償の対象となり、1名につき3千万円までが補償の範囲です。なお、対物補償と車両補償については最低5万円の自己負担額が定められており、事故を起こした場合はこの金額を負担しなければなりませんが、所定の金額を支払うことでこの自己負担を回避することもできます。ただし、この補償制度を利用する際には、補償額が無制限ではないものについては上限を超える部分が利用者本人の自己負担となる点と、警察に事故の届出を行っていない場合や保険約款で免責事由に該当する事故だった場合は補償制度が適用されない点に注意が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *